タイポイントマークのインポート/エクスポート方法 - PIXDmatic

フォローする

タイ ポイントが PIX4Dmatic または PIX4Dmapper プロジェクトでマークされている場合、それらをエクスポートして PIX4Dmatic プロジェクトにインポートできます。 こうすることで、再度画像にマークする必要がなくなります。

マークファイルの構造

タイ ポイント マークを含むテキスト ファイルには、次の情報が含まれている必要があります。

  • 画像名、
  • タイポイント名、
  • 画像座標 x、
  • 画像座標 y、
  • ズームレベル。
画像_名,GCP1,3830.31,123.113,1.22678
 
情報: 画像座標系は、画像の左上部分を原点としています。 その軸は、下の画像のような向きになっています。
PIX4Dimage_marks_coordinate_system.jpg

PIX4Dmatic でマークをエクスポートする方法

PIX4Dmapper でマークをエクスポートする方法

重要: PIX4Dmatic にシームレスにインポートするには、次の設定を適用する必要があります。
  • ファイル形式 - PIX4D マーク ファイル (*.txt、*.csv)
  • マークのズームレベル- 未選択。
  • 画像ディレクトリ - 選択済み。
  • データ区切り文字 - コンマ

    PIX4Dmapper_export_marks.png

    画像ディレクトリデータ区切り文字 - カンマを選択します。

PIX4Dmatic にマークをインポートする方法

 

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。