アウトプット

戻る | 次へ

Pix4Dsurveyのアウトプット

Pix4Dsurveyは、以下のアウトプットを生成することができ、エクスポートしてサードパーティソフトウェアでご利用頂けます:

アウトプット 拡張子 説明
ベクトル化された3Dオブジェクト .dxf、.shp、.zip(.shpファイルあり) ポリライン、カテナリー、ポリゴン、マーカー。オブジェクトのレイヤーないの配置は保持されます。
点のグリッド .dxf、.shp、.zip(.shpファイルあり) 「点のグリッド」のアルゴリズムで生成された点のグリッド。
情報: エクスポートされた各ジオメトリ―の実際の座標値はPix4Dsurveyで使用された座標系となります。Pix4Dsurveyとサードパーティソフトウェアで同じ座標系を使用する場合、アウトプットの位置は自動的に合うはずです。

座標系は.dxf形式で直接定義されていないため、座標系の定義を含む追加のファイル(.prj)が自動的に作成されます。この.prjファイルは、.dxfの座標系情報について追加情報が必要な場合の参照としていつでも使用できます。

 
ヒント: アウトプットを、 .shp、.shx、.dbf、および.prjファイルを含む単一の.zipファイルとしてエクスポートすることができます。一部のサードパーティソフトウェアでは、各ファイルを個別にインポートする方法の代わりに、複数のファイルを含む単一の.zipファイルのインポートする方法がサポートされています。
この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。