インプットとアウトプット - PIX4Dreact

フォローする
 前へ  |  次へ 

インプット

拡張子 説明
.jpg, .jpeg JPEG画像
.tif, .tiff 単色TIFF
マルチバンドTIFF(RGB/赤外線/サーマル)
1層(ピラミッドなし、マルチページなし)
8、10、12、14、16ビット整数、浮動小数点

.p4r

他のパソコンでPIX4Dreactに取り込むためのマップファイルを含む全体マップ。
 
注: PIX4Dreactは、ドローンのカメラを真下に向けて撮影した直下画像の処理に対応しています。
 
警告: 画像の回転または編集といった、 画像への変更は行わないでください。 画像を変更すると、カメラの幾何学的特性が変化し、結果の品質が低下する可能性があります。

アウトプット

PIX4Dreactは、これらのアウトプットをエクスポートすることができ、ソフトウェアの外部で使用したり、外部の関係者と共有することができます。:

  • Share to PIX4Dcloud: コラボレーションを強化するために2Dマップが簡単に共有できるプラットフォームです。 詳細については、Share to PIX4Dcloud サポートドキュメントページをご覧ください。 
  • レイヤー(GeoTIFF):複数のオルソフォトをブレンドして生成された2Dビジュアルマップまたは標高マップです。 オルソモザイクはカラーバランスとジオリファレンスが取られています。 エクスポートオプションには、画像サイズ(MB)を縮小する機能が含まれます。 これには、1メガバイト以下の画像スケールの縮小や、オーバービュー(画像ピラミッド)の利用が含まれます。 オーバービューをサポートする画像アプリケーションでは、より応答性の高い表示環境を提供しますが、追加のディスク領域が必要です。
  • マーカー(GeoJSON、Shapefile(.zip)): Point、Line、Areaのジオメトリフィーチャを含むベクターファイル。
  • PDFレポート(.pdf): マップのオーバービューを含むオルソモザイクの低解像度バージョン。 オプションで、サーフェスモデルとマーカーをエクスポートし、全体または個別に表示することができます。
  • スナップショット (.jpeg, .png): マーカーとベースマップを含む、または含まないオルソモザイクの画像です。
  • PIX4Dreactマップ(.p4r): 別のコンピューターのPIX4Dreactにインポートするために使用されるマップファイル。 これらのファイルには、マップに関する情報を含む.p4rファイル、オルソモザイクのスナップショット(.png)、オルソモザイク(GeoTIFF)、地表モデル(GeoTIFF)、マーカ(GeoJSON)などが含まれています。
  • ログファイル:プロジェクトの処理に関する有益な情報を示すテキストファイルです。 処理のステップやサブステップ、実行されたアクション、処理中の警告やエラーなどが記述されています。 ログファイルは、ユーザーが問題を経験し、テクニカルサポートと接触する場合に必要となります。

Input_Outputs.jpg

エクスポートメニュー

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。