よくあるご質問 - PIX4Dreact

フォローする

PIX4Dreactとは何ですか?

PIX4Dreactは、緊急かつインターネットに接続できない場合でも、ドローンで撮影した画像を正確な2次元地図に迅速に加工できる高速地図作成デスクトップソフトウェアです。 PIX4Dreactは、公共安全、緊急管理、人道的、災害救助において状況認識を支援し、重要な情報を提供するために設計されています。

PIX4Dreactはどのように動作するのですか?

PIX4Dreactは、ドローン画像を2次元地図に変換します。 これを実現するため、ドローン画像から平坦な地形を高速に処理するのに適した写真測量パイプラインでオーソモザイクに直接つながるものを使っています。 この特定の出力に焦点を当てることで、短時間で高品質の地図を提供し、現場でノートパソコンを使いながら、すぐに状況を把握できるようになりました。

PIX4Dreactを試すにはどうしたらいいですか?

すべてのPix4Dアカウントには、PIX4Dreactの15日間のサブスクリプションがついています。

PIX4Dreactは、ダウンロードページから簡単にダウンロードすることができます。

PIX4Dreactに必要なハードウェアのスペックは?

ハードウェアの要件はこちらで確認できます。

ハードウェアはマップの質に影響しますか?

画像処理の速さは、ハードウェアの性能と直結しています。 生成される地図の品質は、ハードウェアの設定の違いに影響を受けません。

PIX4Dreactのダウンロード方法は?

PIX4Dreactの最新版はこちらからダウンロードしてください。

同じアカウントは何台のPCで使えますか?

PIX4Dreactの各ライセンスは、Pix4Dアカウントと紐づいています。 PIX4Dreactは一度に1台のコンピュータで動作しますが、ライセンスはフローティングになっており、何台のコンピュータでもログインすることができます。

PIX4Dreactはクラウドかローカル、どちらで実行されますか?

PIX4Dreactの高速処理エンジンは、お客様のコンピュータ上でローカルにデータを処理するため、初回のライセンス認証以外にはインターネット接続は必要ありません。

PIX4Dreactはインターネット接続がなくても使用できますか?

PIX4Dreactは、画像を高解像度のマップに変換することに特化しており、クラウドやインターネットへの接続は必要ありません。 ただし、新しいコンピューターで使用する前に、ライセンス認証を行う必要があります。 インターネットに接続した状態でPix4Dアカウントにログイン(またはアカウントを新規作成)し、ライセンスを選択するとPIX4Dreactが使用できます。 このライセンスは、有効期限が切れるまでお客様のコンピューターに保存されるため、オフラインでも作業することができます。

PIX4Dreactはどのドローンに対応していますか?

PIX4Dreactは、現在市販されている最も人気のある機種のドローンからの画像を処理します。 PIX4Dreactでは、RGBカメラへの対応を積極的に進めており、今後のアップデート版では、より多くのカメラ機種に対応する予定です。 詳しくはPIX4Dreactの対応カメラをご覧くださいです。

 

PIX4Dreactは、マルチスペクトル画像や熱画像を処理することができますか?

PIX4Dreactでは、マルチスペクトル画像、熱画像は処理できません。 PIX4DreactはRGB画像に対応しています。

PIX4Dreactのインプットとアウトプットは何ですか?

PIX4Dreactでは、.p4rファイルだけでなく、JPEG画像も取り込むことができます。 入出力ファイルの全リストはこちらの 記事でご覧いただけます。

PIX4DmapperとPIX4Dreactで生成した2Dマップの違いは何ですか?

オルソモザイクマップを作成する際、Pix4Dmapperは細かい標高の局所的な変化を考慮に入れますが、PIX4Dreactはより粗い地盤モデルを使用します。 地図に多くの3D構造が含まれる場合、Pix4Dmapperは3D構造のある部分に対してより正確な結果を出します。 しかし、PIX4Dreactは周囲の平坦な領域でも良好な結果をもたらします。

  1. さらにPIX4DreactはPix4Dmapperよりもはるかに高速に動作します。

PIX4DreactとPIX4Dmapperで生成される数値表層モデル(DSM)の違いは何ですか?

Pix4Dmapperで生成されたDSMを使えば、地上物の有無に関わらず、各ピクセルの正確な標高値を得ることができ、お好みのGIS/CADワークフローに対応することができます。

PIX4Dreactで生成されたDSMは、主要な地形は捉えられます、小さな構造物には感度が低いです。 PIX4Dreactで生成されるDSMの絶対高度は、画像取得時のGPS情報の質に依存します。

PIX4Dreactで使用される座標系は何ですか?

PIX4Dreactでは、対応するUTM(ユニバーサル横メルカトル図法)ゾーン(datum WGS84)が座標系となります。

PIX4Dreactはグラウンドコントロールポイント(GCP)に対応していますか?

PIX4Dreactは、GCPに対応していません。 精度の向上や再構築のためにGCPを使用する必要がある場合は、Pix4Dmapperを使用することをお勧めします。

PIX4Dreactでは、斜めの画像も処理できますか?

PIX4Dreactは、ドローンのカメラを真下に向けて撮影した直下画像の処理に対応しています。 斜めの画像を処理する場合は、Pix4Dmapperの利用をお勧めします。

 
注:ドローンのカメラによって高解像度でキャプチャされた画像のみに対応しています。

マップの見栄えが良くありません。 なぜですか。

マップの品質は、周辺の反射面(水やガラス)や色やテクスチャーが同じ大きなエリア(雪、空)などの要因によって影響を受けることがあります。 このような問題が発生している場合は、サポートにご連絡ください。原因を特定し、今後のフライトに関する推奨事項をご提供します

 
注:PIX4Dreactを使用する場合の推奨されるオーバーラップは、前面オーバーラップの80%です。

PIX4Dreactでマップを編集することはできますか?

現時点ではできません。 マップを編集する場合は、地図をエクスポートしてサードパーティーのアプリケーションで編集することができます。 将来のバージョンでは、よりきめ細かい制御が可能になります。
マップが隣接していて、十分なオーバーラップがある限り、複数のフライトを1つのマップに組み合わせることができます。 複数のフライトを組み合わせるには、1つのプロジェクトの各フライト中に撮影されたすべての画像を同時に処理する必要があります。

PIX4Dreactで航空写真以外の画像を使用することはできますか?

いいえ。PIX4Dreactは、ドローンで撮影された空撮画像にのみ使用できます。

カスタムカメラ機能とは何ですか?

PIX4Dreactでサポートしていないカメラでも、内部カメラパラメータを含むファイルが提供されていれば、データセットを処理することが可能です。 詳しくはこちら:PIX4Dreactで未対応カメラを処理するためにXMLファイルを生成する方法

PIX4Dcloudへの共有とは何ですか?

PIX4Dloudへの共有は、Webリンクだけで簡単に2Dレイヤーをインターネット上で共有することができるPIX4Dreactの機能です。PIX4DreactのデスクトッププロジェクトとPIX4Dcloudを接続することができます。PIX4Dreactのライセンスがあれば、1枚のオルソモザイクと1枚のDSMをPIX4Dcloudにアップロードすることができます。すべてのレイヤーはPIX4Dcloudに保存され、アップロードに成功するとプロジェクトに共有可能なURLリンクが提供されます。

この記事は役に立ちましたか?
8人中8人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。