PIX4Dcatch と viDoc RTK rover を使用する方法

フォローする

PIX4Dcatchは、iOSとAndroidで利用可能な地上用写真測量のアプリケーションです。
モバイルデバイスに搭載されているセンサー(写真、LiDAR、IMU、GPS)を活用しながらデータを取り込み、3Dモデルを作成します。

viDocは、GNSS RTK受信機です。これにより、PIX4Dcatchはモバイルデバイスで取得した画像にセンチメートル単位の精度でジオロケーションをつけることができます。

このデータをアップロードし、PIX4Dcloud上で処理することで、2D(オルソフォト、DSM)および3D(点群、メッシュ)結果を得ることができます。また、PIX4DmaticやPIX4Dmapperなどのデスクトップソフトウェアで処理するために、プロジェクトデータをエクスポートして保存することができます。

この記事では、PIX4Dcatchアプリケーションの特徴と使用方法、viDoc RTKローバーへの接続、プロジェクトのキャプチャ、初回の処理方法について説明します。

 
基本的な要件:
  • PIX4Dcatchアプリに対応したAndroidまたはiOSのスマートフォン・タブレット
  • PIX4Dcatch アプリ
  • viDoc RTK rover
  • スマートフォンに対応したSPコネクトケース
  • NTRIPサービス契約、またはNTRIPキャスター搭載のGNSS基地局。
  • インターネットアクセス
  • 処理に使用する PIX4Dmapper、PIX4Dmatic または PIX4Dcloud のライセンス
    (PIX4DmapperはLiDARデータには対応していません。)

PIX4Dcatch をインストールする

PIX4Dcatch を viDoc RTK rover に接続する

画像取得を始める前に、viDoc RTK rover を 6 時間充電します。

  1. viDoc RTK rover をモバイルデバイスに取り付けます。

 
ヒント: デバイスに viDoc RTK rover を取り付けるには

タブレット:

  • ローバーの底部にあるネジを緩めます。
  • ローバーを中央に合わせて iPad や タブレットに取り付けます。
  • iPad には、デバイスの中央に固定できるよう、外端に沿って磁石が設置されています。
  • 位置を決めたら、ローバーが固定されるまでネジを締めます。
  • Android デバイスのカメラオフセット値を測定します。
スマートフォン:
  • SP connect ケースにスマートフォンを挿入します。
  • SP connect ケースに付属する指示に従って、ローバーをケースに取り付けます。
  • Android デバイスのカメラオフセット値を測定します。
 
重要: Android デバイスを使用する場合、カメラオフセット値を測定する必要があります。詳細はこちら: viDoc RTK rover でオフセット PIX4Dcatch (Android) を測定する方法

  2. 1 回長押しして viDoc RTK rover をオンにします。ローバー の緑色のライトが点灯して、オンになっていることを示します。

  3. Bluetooth がオンになっていない場合、デバイスの設定を開いて [Bluetooth] をオンにします。

  4. PIX4Dcatch を起動します。Pix4Dcatch ロゴ

  5. 画面の左上にある電波表示を選択し、[viDoc RTK via Bluetooth] を選択します。

PIX4Dcatch viDoc RTK Bluetooth ダイアログ

[viDoc RTK via Bluetooth] を選択します。

  6. [RTK Device Settings] (RTK デバイス設定 ダイアログ)で:

PIX4Dcatch_RTK_device_settings_iOS_Android.jpg

iPhone (iOS) と Android の [RTK Device Settings] (RTK デバイス設定) ダイアログ

  • Android デバイスを使用する際に、カメラオフセット値を測定して入力します。

    詳細はこちら: viDoc RTK rover でオフセット PIX4Dcatch (Android) を測定する方法

  • [Available Bluetooth Devices] (利用可能な Bluetooth デバイス) で viDoc RTK rover を選択します。
  • NTRIP の詳細情報を入力して [Validate] (検証) をタップします。
    • ホスト名 / IP
    • ポート番号
    • ユーザー名
    • パスワード

    詳細はこちら: NTRIP とは

  • 接続を確立したら、[Choose mountpoint] (マウントポイントを選択) を選択して希望するマウントポイントを選択します。
  • 入力座標系を選択します。
 
重要: 補正情報を送信するNTRIP サービスにより使用されている座標参照系を、入力座標系として選択します。この情報について不確かな場合は、NTRIP サービスプロバイダーまでお問い合わせください。

各地域でNTRIP 補正の送信に使用される入力座標系を、以下の通り確認しています。 

国または地域 NTRIP 入力座標系
ヨーロッパ ETRS 89 (EPSG: 4258)
米国 NAD83(2011) (EPSG: 6318)
日本 JGD2011 (EPSG:6668)
シンガポール SVY21 (EPSG:4757)

7. [Connect] (接続) をタップします。

NTRIP サービスに正常に接続できると、緑色の Pix4Dcatch ViDoc RTK 補正アイコンRTK アイコンでわかります。

 
注意: NTRIP サービスプロバイダーからの追加料金が請求されないよう、使用後は毎回 viDoc RTK rover をオフにしてください。
 
重要: デバイスクロックが同期されていることを確認してください。クロックを同期するには:

iPhone または iPad:

  • [設定] アプリを開きます。
  • [一般] をタップします。
  • [日付と時刻] をタップします。
  • [自動設定] がオンになっていることを確認します。

Android:

  • [設定] アプリを開きます。
  • [システム] をタップします。
  • [日付と時刻] をタップします。
  • [日時を自動的に設定] がオンになっていることを確認します。

データセットを取り込む

viDoc RTK rover が PIX4Dcatch に正常に接続されたら、RTK が補正されるのを待ちます。最高の使用感を実現するには、アンテナが妨害されておらず、良好なインターネット接続があることを確認してください。

 
例: RTK の補正が完了すると、水平精度高さ精度が数センチの範囲になります。理想的な条件下では、この値は 0.01m/0.03ft に近くなります。

PIX4Dcatch RTK 補正情報ダイアログ

最適な値の RTK ダイアログ

取得時に [Status] (ステータス) と [HDOP] をチェックして、最適な条件であることを確かめます。

ステータス 説明
No fix (補正なし) データが有効でない、確認できる衛星の数が十分でない、またはインターネット接続に問題がある、などです。
Autonomous GNSS fix (自律 GNSS 補正) データ測定には差動 GNSS のみを使用します。DGNSS は GNSS の拡張版で、基準局に基づいて位置を決定し、曖昧な部分の補正はしません。決定された位置の精度は 10m 以上の範囲となる場合があります。
DGNSS Only (DGNSS のみ) データが有効でない、確認できる衛星の数が十分でない、またはインターネット接続に問題がある、などです。
RTK Float (RTK フロート) デバイスと基地局 (マウントポイント) とが共通に使用している衛星の数が少ないか、または衛星の反射信号を受信しています。決定された位置の精度は 1 m の範囲になる場合があります。
RTK Fixed (RTK 補正済み) GNSS ローバー と基地局 (マウントポイント) の使用している衛星が少なくとも 5 つ共通しており、ローバー は基地局から補正を受信しています。決定された位置の精度は数センチの範囲になる場合があります。
HDOP

HDOP (Horizontal Dilution of Precision) は、衛星の位置と分布がどれほど良好かを示します。

一般的に HDOP は 1 以下が理想とされており、センチメートル単位の精度を達成するには、いくつかのテストから 0.65 以下の値になることが望ましいとされています。

精度の値は、以下のような複数の要因に応じて変動する可能性があります。

  • 建築物、樹木、橋などに近く、GNSS信号が 阻害もしくは反射されている。
  • デバイスの高速移動
  • 無線通信の感度が悪い

詳細はこちら: GNSS と viDoc RTK rover のベストプラクティス

詳細はこちら: データセットの取り込み - PIX4Dcatch

データセットを処理する

取得した PIX4Dcatch プロジェクトでは、3D モデルを処理する複数のオプションがあります。PIX4Dcloud / PIX4Dcloud Advanced に直接アップロードして処理すれば、すぐに結果が得られます。またはプロジェクトをエクスポートして PIX4Dmatic や PIX4Dmapper で処理することも可能です。

この記事は役に立ちましたか?
8人中7人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。