Pix4Dcloud 保管有効期限ポリシー

フォローする

次のライセンスのいずれかが期限切れになると、当該Pix4Dアカウントに関連するPix4Dcloudで作成されたすべてのプロジェクトは、Pix4Dcloud保管有効期限ポリシーに沿って削除されます。これによって、データセットにアクセスできなくなります。

  • PIX4Dinspectのトライアル
  • PIX4Dinspectのレンタルトライアル
  • Pix4DcloudAdvancedトライアル
  • Pix4Dcloud / Pix4DcloudAdvancedレンタルライセンス/サブスクリプション
  • Pix4Dengine Cloud トライアル
  • Pix4Dengine Cloud レンタルライセンス
  • 有効なサポート&アップデート(S&U)のあるPIX4Dmatic/ PIX4Dsurvey/ PIX4Dfields/ PIX4Dreact 買取ライセンス
  • PIX4Dmatic/ PIX4Dsurveyトライアルライセンス
  • PIX4Dmatic/ PIX4Dsurvey/ PIX4Dfields/ PIX4Dreactレンタルライセンス

上記のライセンスのいずれも有効でない場合(Pix4Dmapper買取ライセンスの場合は有効なサポート&アップデートが必要です)、プロジェクトは削除されます:

  • トライアルライセンスの場合、ライセンスの有効期間が終了してから30日間
  • すべての月間ライセンス/サブスクリプション、年間ライセンス/サブスクリプション、買取ライセンス/サブスクリプションの場合、ライセンス/サブスクリプション有効期間が終了してから2ヵ月間
 
重要なお知らせ:

2024年3月1日より、PIX4Dcloudのポリシーが更新され、ライセンス失効後の保存期間が現在の180日間から60日間に変更されます。つまり、この60日間にライセンスが更新されなければ、プロジェクトと付随しているクレジットは削除されます。

サブスクリプションが継続している限り、プロジェクトは安全に保管されます。ただし、お客様がサブスクリプションを解約される場合、または何らかの理由で利用契約が失効した場合は、解約または失効した日から60日間のカウントダウンが開始されます。



以下の場合に通知メールが送られます:

  • 期限が切れた月間・年間・買取ライセンスユーザー向けには、削除の30日前7日前1日前に送られます。
  • 期限が切れたトライアルライセンスユーザー向けには、削除の7日前1日前に送られます。
 
例:PIX4Dcloud Advancedのトライアルライセンスでプロジェクトを作成し、ライセンスの有効期限から20日後にPIX4Dcloudの月額ライセンスを購入した場合、そのプロジェクトは削除されることはありません。しかし、トライアルライセンスの有効期限が切れた31日後に月額ライセンスを購入した場合、プロジェクトは削除され、もうアクセスできなくなります。
この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。