新規プロジェクト作成とGCPの自動検出

ここでは新規プロジェクト作成とGCP自動検出について説明します。Pix4DクラウドではGCPを自動的に検出してプロジェクト作成ができます。

 
注意: GCP自動検出を利用する際には、RTK付きドローンを利用した場合やExifで適正な撮影位置を付与した場合等の一定の位置精度を保持している必要があります。
※事前にGCPを取得してください。

ワークフロー

プロジェクトを作成してGCPを入力:

1. Pix4Dクラウドにアクセスします。
2. 新規プロジェクトをクリック>処理のための画像をアップロードします。を選択します。
3. プロジェクト名を入力して、次へをクリックします。


4. 対象画像を入力

4.1. 画像をドロップするか、または画像を選択から対象画像ファイルを入力します。
4.2. 画像が入力されたことを確認して次へをクリックします。

5. 基本オプションの設定

5.1. 出力座標系とGCP座標系:写真座標が自動的に検出されます。任意で変更可能です。出力座標系とGCP座標系に任意の座標系を入力して検索してください。
(例)日本測地系の場合は、JGDと入力すると以下のようにリストが表示されます。



5.2. 飛行計画(オプション):
・Pix4Dcaptureミッションファイルを利用する場合

飛行計画のミッションファイル(.pix4dcapture-missionまたは.csv)を入力します。
Pix4Dcaptureミッションファイル
場所).pix4dcapture-mission):/Internal
storage/Pix4D/Project_name/Mission_name/details.pix4dcapture-mission.
※Pix4Dcaptureを使用したデバイスにUSBケーブル等で接続して上記にミッションファイルがあります。

・Pix4Dcapture以外で作られた飛行計画を利用する場合

コンマ(,)区切り文字を使用して.CSVファイルを出力します。
(例)

データ構成は以下のものです。



キー(コラム1)と値(コラム2)

  • mission altitude/対地高度 (メートル)
  • focal length/焦点距離 (ミリメートル)
  • image width/画像幅 (ピクセル)
  • image height/画像高さ (ピクセル)
  • sensor width/センサー幅 (ミリメーター)

コース情報

  • コース名
  • はじめの画像名
  • WGS84のはじめの位置の経度
  • WGS84のはじめの位置の緯度
  • WGS84のはじめの位置の高度
  • 終わりの画像名
  • WGS84の終わりの位置の経度
  • WGS84の終わりの位置の緯度
  • WGS84の終わりの位置の高度

※1コースの区切りには”/END”を示します。
※英語および数字表記が必要です。


5.3. 自動GCP(オプション):
ファイル選択をクリックし、対象のGCPファイル(.CSVまたは.TXT)を選択するとGCPのリストが表示されます。※ XとYを反転することができます。

アップロードするGCPファイルは、ヘッダー含まない、コンマ区切りの値のリストが必要です。
1行ごとに1つのGCPで表します。列は、GCP名、GCP/CHECKPOINT、緯度/X座標[10進法]、経度/Y座標[10進法]、高度/Z座標[メートル]です。
(例)


5.4. 次へをクリックします。

6. アップロードと処理をクリック

処理が開始されプロジェクト作成は以上となります。
処理が完了すると登録のアドレスまでEメールが届きます。

自動検出の結果を確認する

検出結果はPix4Dデスクトップで以下の例のように確認できます。プロジェクトファイルをダウンロードしてPix4Dデスクトップを起動ください。

  • 黄マーク:自動的に検出された標識
  • 緑マーク:再投影された点
  • 青マーク(もしあれば):元のGPS座標
  • ピンクマーク:観測されたが計算には利用していない点

使用上の注意

標識タイプの例

  • 白黒の標識
  • 写真上で15ピクセル以上サイズ
    ※タイプAを推奨します。

タイプA(推奨)

target.jpg

タイプB

 

以下の条件下などにおいて検出精度に著しく悪影響を及ぼすことがあります。 

  • ジオタグ情報に水平方向で8m、高さ方向で3m以上のズレがある時には検出不可
  • オーバー/アンダー露出
  • 鮮明でない画像
  • 鉛直撮影でない画像
  • 標識がコントラスト十分でない、または光っている
  • 標識の一部が陰っている
  • 標識がコントラストの強い物体の近くに位置する
  • 標識とカメラ間に障害物がある。または標識が一部しか見えていない
  • 地上分解能が高く、ピクセル上の標識が非常に小さい(最低15ピクセル)
  • GCP座標はあるが、標識が設置されていない場合
 
重要: 上記の問題などにより検出できない場合には結果がエラーとなります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。