画像に十分な重なりがあることを確認する方法 - PIX4Dmapper

フォローする

この記事では、画像の重なりが十分かどうかを確認する方法について詳しく説明します。

画像の重なりが十分かどうかを検証するには:

1. 画像を開いて表示する。
2. 画像間の重なりを目視で確認します。推奨される最小オーバーラップは以下の通りです。

    • 一般的に、正面75%、側面60%のオーバーラップを推奨します。
    • 農耕地では正面と側面が80%、森林や密林では正面と側面が85%のオーバーラップが必要です。
    • 単線コリドーマッピングの場合は、正面85%オーバーラップ。コリドーが2つのフライトラインを使用して取得される場合は、60%の側面のオーバーラップを使用します。

オーバーラップおよび画像取得の詳細については、こちらをご覧ください: ステップ1. プロジェクトを開始する前に > 1. 画像取得プランの設計 > a. 画像取得プランのタイプを選択する。.

検証は、隣接する2つの画像間の共有/重複領域を比較することで視覚的に行うことができます。下の画像に示すように、2つの画像間の共有領域(赤い四角形)は、正面のオーバーラップで約80%以上です。

 

Overlap2_sq.png

 


Overlap1_Sq.png

 

この記事は役に立ちましたか?
37人中27人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。