グラウンドコントロールポイント(GCP)のインポートとrayCloudでのマーキング方法

 
重要:
  • 本記事で紹介するステップごとの手順は、プロジェクトにGCPを含める方法の全体の一部です。プロジェクトにGCPを含める方法の追加詳細はこちらの記事をご参照ください :202560239.
  • 全てのGCPは同じ座標系でなければなりません。
  • GCPは ステップ 1. 初期処理 が完了した後にrayCloud内でマーキングが出来ます。

GCPの追加/ インポート:

1. メニューバーから プロジェクト > GCP/MTP マネジャー...をクリック。
2. GCP 座標系を選択: 画像/GCP/出力座標系の選択/変更方法 
3. rayCloudを開く: メニューバーから 表示 > rayCloudを選択。 rayCloud が開き自動タイポイントが表示されます。
4. 3D ビューで、GCPの位置に近い点をクリック。

 
メモ:
  • 右のサイドバーに、クリックされた(選択された)点が見える全ての画像が画像 のセクションに表示されます。
  • 全ての画像に以下が表示されます:
    • 緑のクロス3D点の画像への再投影。
    • オレンジクロス: 関連する2Dキーポイントが自動的に検出された位置。
    • オレンジの円: オレンジの円の半径はキーポイントを認識するのに使用されたエリアのサイズを意味します。

5. 右のサイドバーの画像のセクションに、表示されている画像内にGCPのエリアが表示されるはずです。そうでなければ、3DビューでGCPエリアにより近い別の点にクリックしてください。
6. tie_point_add.png 新しいタイポイントにクリック。

右のサイドバーの選択 のセクションに新規のタイポイントの情報が表示されます:


7. ポイントのプロパティを編集します:

    • (オプショナル)GCPのラベルを変更します:

1.ポイントのラベルのセルをクリック。
2.任意の名前を入力。

    • ポイントの種類を変更:

1. ドロップダウンから選択:

        • 2D GCP: GCPのX,Y または緯度経度の座標値しか分からない場合。
        • 3D GCP: GCPのX,Y,Z または緯度、経度、高度の座標値が分かる場合。
        • 確認ポイント(検証点):GCPのX,Y,Zあ緯度、経度、高度の座標値が分かる場合。確認ポイントは処理中には使用されず、精度を確認することに使用できます。
    • GCPの座標値を入力 (2D GCPと3D GCP):

1. ポイントの座標値セルをクリック(緯度、経度、高度 または X,Y,Z)。
2. それぞれの座標値を入力。

    • (オプショナル)精度を入力 (2D GCPには 水平精度、3D GCPには水平精度 および/または 垂直精度):
       
      注意: デフォルトの値は0.020 mです。 もしも精度を編集する場合、 GCP / マニュアルタイポイント表 をご一読してください。

1. ポイントの 水平精度 / 垂直精度のセルをクリック。
2. ポイントの精度を入力:

        • とても精度が高いGCPには、小さい数値を入力
        • 高精度でないGCPには、大きい数値を入力

GCPの表のプロパティについて追加情報: GCP/マニュアルタイポイント表

8. 適用をクリック。
9. 他のGCPにもステップ4 ~ 8を繰り返す。

 

GCPのマーキング:

次の記事のステップ4から11を行ってください (GCPのマーキング -> rayCloudを使用): グラウンドコントロールポイント (GCP)をインポートしてマークする方法

この記事は役に立ちましたか?
7人中5人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。