画像/GCP/出力座標系を選択・変更する方法

 
アクセス:
  • 画像の場合:メニューバーで「プロジェクト」>「画像プロパティエディター...」をクリックし、「画像ジオローケーション」セクションの「座標系」「編集...」をクリックします。
  • GCPの場合:メニューバーで「プロジェクト」>「GCP/MTPマネージャー...」をクリックし、「GCP座標系」セクションで「編集...」をクリックします。
  • アウトプットの場合
    • メニューバーで「プロジェクト」>「出力座標系の選択...」をクリックします。
    • 新しいプロジェクトを作成するときに、「画像プロパティ」の後に「出力座標系の選択」ウィンドウが表示されます。
 
重要:
  • アウトプット座標系は画像の座標系やGCPの座標系と同じである必要はありませんが、GCPの座標系と同じにすることをお勧めします。
  • GCPの場合:すべてのGCPの座標系が同じである必要があります。
 
メモ:デフォルトの「選択された座標系」
  • 画像の場合:「WGS84(egm96)」
  • GCPの場合:「アウトプット/GCP座標系」セクションで新しいプロジェクトを作成する時に選択した座標系。Step 2. Creating a Projectを参照してください。
  • アウトプットの場合:
    • 任意座標系:プロジェクトに画像ジオローケーションもGCPもない場合。
    • 対応するUTMゾーン:プロジェクトに画像ジオローケーションがある場合。
    • GCPに対して選択した座標系:プロジェクトにGCPがある場合。

画像、GCP、アウトプットの座標系を選択/変更するには、目的の座標系に応じて以下の手順を実行してください。

 

ローカル/任意の座標系の場合

1. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウを開きます。

    • 画像の場合:メニューバーで「プロジェクト」>「画像プロパティエディター...」をクリックし、「画像ジオローケーション」セクションの「座標系」「編集...」をクリックします。
    • GCPの場合:メニューバーで「プロジェクト」>「GCP/MTPマネージャー...」をクリックし、「GCP座標系」「編集...」をクリックします。
    • アウトプットの場合メニューバーで「プロジェクト」>「出力座標系の選択...」をクリックします。

2. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「単位」ドロップダウンリストをクリックし、座標系の単位(メートル[m]または国際フィート[ft])を設定します。
3. 「任意の座標系[単位]」を選択します。
4. (オプション)アウトプット座標系の場合のみ:「サイト校正」が存在する場合は、「詳細座標オプション」チェックボックスをオンにします。

1. 「サイト校正...」をクリックします。「サイト校正」の詳細については、Select Image / GCP / Output Coordinate Systemを参照してください。
2. 「サイト校正」のパラメータを設定します。

5. 「OK」をクリックします。

これで座標系が選択されました。

 

リストで定義されているグローバル、大陸、または国家座標系の場合

1. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウを開きます。

    • 画像の場合:メニューバーで「プロジェクト」>「画像プロパティエディター...」をクリックし、「座標系」「編集...」をクリックします。
    • GCPの場合:メニューバーで「プロジェクト」>「GCP/MTPマネージャー...」をクリックし、「GCP座標系」「編集...」をクリックします。
    • アウトプットの場合メニューバーで「プロジェクト」>「出力座標系の選択...」をクリックします。

2. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「単位」ドロップダウンリストをクリックし、座標系の単位([m]または国際フィート[ft])を設定します。
3. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「既知の座標系[単位]」を選択します。
4. (オプション)検索テキストボックスで目的の座標系を入力します。検索テキストボックスでは、Pix4Dmapperのデータベース(座標系のリストとEPSGコード)によるオートコンプリートモードを使用して座標系を検索できます。
5. 「詳細座標オプション」チェックボックスをオンにします。
6. 「リストから...」をクリックします。

テキストボックスでの検索 リストからの選択

 

7. 「座標系」ポップアップウィンドウが表示されます。

 

8. 「測地系」のドロップダウンリストをクリックし、測地系を選択します。
9. 「座標系」のドロップダウンリストをクリックし、座標系を選択します。
10. 「OK」をクリックします。
11. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウで「OK」をクリックします。

 

これで座標系が選択されました。

 

EPSGで定義されているグローバル、大陸、または国家座標系の場合

1. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウを開きます。

    • 画像の場合:メニューバーで「プロジェクト」>「画像プロパティエディター...」をクリックし、「画像ジオローケーション」セクションの「座標系」「編集...」をクリックします。
    • GCPの場合:メニューバーで「プロジェクト」>「GCP/MTPマネージャー...」をクリックし、「GCP座標系」「編集...」をクリックします。
    • アウトプットの場合メニューバーで「プロジェクト」>「出力座標系の選択...」をクリックします。

2. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「単位」ドロップダウンリストをクリックし、座標系の単位([m]または国際フィート[ft])を設定します。
3. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「既知の座標系[単位]」を選択します。
4. (オプション)検索テキストボックスで目的の座標系を入力します。検索テキストボックスでは、Pix4Dmapperのデータベース(座標系のリストとEPSGコード)によるオートコンプリートモードを使用して座標系を検索できます。
5. 「詳細な座標オプション」チェックボックスをオンにします。
6. 「EPSGから...」をクリックします。

 

7. 「座標系」ポップアップウィンドウの「EPSGコードを選択」で、ドロップダウンリストをクリックし、目的のEPSGコードを選択します。

8. 「OK」をクリックします。
9. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウで「OK」をクリックします。

 

これで座標系が選択されました。

 

.prjで定義されているグローバル、大陸、または国家座標系の場合

1. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウを開きます。

    • 画像の場合:メニューバーで「プロジェクト」>「画像プロパティエディター...」をクリックし、「画像ジオローケーション」セクションの「座標系」「編集...」をクリックします。
    • GCPの場合:メニューバーで「プロジェクト」>「GCP/MTPマネージャー...」をクリックし、「GCP座標系」「編集...」をクリックします。
    • アウトプットの場合メニューバーで「プロジェクト」>「出力座標系の選択...」をクリックします。

2. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「単位」ドロップダウンリストをクリックし、座標系の単位([m]または国際フィート[ft])を設定します。
3. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「既知の座標系[単位]」を選択します。
4. (オプション)検索テキストボックスで目的の座標系を入力します。検索テキストボックスでは、Pix4Dmapperのデータベース(座標系のリストとEPSGコード)によるオートコンプリートモードを使用して座標系を検索できます。
5. 「詳細な座標オプション」チェックボックスをオンにします。
6. 「PRJから...」をクリックします。

 

7. 「PRJファイル(.prj)をインポート」ポップアップウィンドウで、.prjファイルに移動します。

 
メモ:.prj座標系シンタックスファイルを取得または作成する方法の詳細については、How to obtain or create a .prj coordinate system syntax fileを参照してください。

8. .prjファイルを選択します。
9. 「開く」をクリックします。
10. 「画像/GCP/出力座標系の選択」ウィンドウで「OK」をクリックします。

 

これで座標系が選択されました。

 

自動検出された座標系の場合(アウトプット座標系の場合のみ)

 
重要:プロジェクトにジオローケーションがない場合、このオプションは使用できません。

1. 「出力座標系の選択」ウィンドウを開きます。メニューバーで「プロジェクト」>「出力座標系の選択...」をクリックします。
2. 「出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「単位」ドロップダウンリストをクリックし、座標系の単位(メートル[m]または国際フィート[ft])を設定します。
3. 「出力座標系の選択」ウィンドウの「座標系の定義」セクションで、「自動検出」を選択します。画像の座標と選択した「単位」に基づいて座標系が自動検出されます。
4. 「出力座標系の選択」ウィンドウで「OK」をクリックします。

 

これで座標系が選択されました。



 

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。