Step 1. プロジェクト開始前 > 2. カメラ設定のコンフィグレーション - PIX4Dmapper

フォローする
Index > Step 1. Before Starting a Project  Previous  |  Next 

Pix4Dmapperは、どのようなカメラで撮影された画像でも処理できます。

  • 軽量コンパクトカメラ
  • デジタル一眼レフカメラ(DSLR)
  • 大判カメラ
  • アクションカメラ
  • カメラリグ
  • マルチスペクトルカメラ
  • ハイパースペクトルカメラ
  • サーマルカメラ
  • スマートフォン
  • 360° パノラマカメラ。
コンパクト DSLR 大判 アクション リグ
マルチスペクトル ハイパースペクトル サーマル  スマート
フォン
360 °
パノラマ
Image result for sequoia camera Pix4D_hyperspectral.jpg Image result for thermal camera Image result for smartphones

任意のレンズを使用:

  • パースペクティブ(狭角および広角視野)。
  • フィッシュアイ(超広角視野)。

任意のプラットフォームを使用:

  • UAV(無人航空機)
  • 有人航空機。
  • 地上車両
  • 手持ちカメラ

任意のスペクトル仕様を使用:

 

要約

カメラボディとレンズ
  • パースペクティブとフィッシュアイレンズがサポートされています
  • ズームは安定している必要があります
  • 固定焦点距離が推奨されます
カメラ設定
  • 手振れ補正機能はオフにする必要があります
  • シャッター/絞り/ISOは自動に設定されるべきです
  • 画像がぼやけている場合やノイズがある場合は、シャッター/絞り/ISOを手動で設定してください。詳細はこちら: Camera settings
  • フォーカスをマニュアルで無限遠に設定します

 

カメラ本体

一般的な原則として:より重いカメラ(高解像度)がより良い結果を提供しますが、より重いペイロードのための飛行プラットフォームが必要です。

 

推奨されるカメラ

Pix4Dは特定のブランドやモデルのカメラを推奨しません。

 

ビデオカメラ

  • ビデオは正確なマッピングには推奨されません。結果の品質はほとんどの場合、静止画像よりも結果が劣ります。
  • 4Kビデオは合理的な結果を提供する可能性があります。
  • フルHDビデオは通常、良い結果を得るには十分ではありません。
  • 処理にビデオを使用する場合、次の点を考慮することが重要です: ビデオの処理方法。

 

推奨されるカメラの焦点距離

Pix4Dmapperで使用できる焦点距離には制限がありません。

アプリケーション 推奨 理由
マッピング:高度50メートル以上の空中プロジェクト 遠近法レンズ:35mm換算の焦点距離が22mmから80mmの間 高い精度の結果をもたらす良好なGSDを確保するため

屋内 / 近距離の再構築
フィッシュアイレンズ:かなり短い焦点距離 データ収集の柔軟性:高いオーバーラップの確保

 

ほとんどのレンズメーカーは、35mm換算の焦点距離(F35)を提供しています。実際の焦点距離を見つけるには以下の式を参照ください:

FR = (F35 * SwR) / 34.6 (mm) 

ここでは

F35 = 35ミリメートル換算に対応する焦点距離 [mm]
FR = 実焦点距離 [mm]
SwR = 実センサー幅 [mm]

特定の高さにおいて、視野が広い(焦点距離が短い)ほど、十分なオーバーラップを得るために必要な画像数が少なくなります。これは、通常の密な飛行計画が立てられない場合に特に有用です。ただし、空間分解能は低くなり、結果的に精度が低下します。

視野が狭い(焦点距離が長い)場合、同じエリアをマッピングする際に十分なオーバーラップを確保するためには、より多くの画像が必要となります。この場合、空間分解能が高くなり、より正確な結果が得られます

マッピングしたいエリアと望ましい空間分解能(GSD)を考慮して、カメラの焦点距離と飛行高度を選択する方法の詳細については、こちらを参照してください: How to select Camera Focal Length and Flight Altitude considering the desired Ground Sampling Distance and Terrain to map?.

 
Tip: 固定焦点距離レンズを使用すると、通常、ノイズが減少し、シャープな画像が得られます

 

カメラ設定

シャッタースピード、絞り、およびISOは自動設定にしておくべきです。画像がぼやけていたりノイズがある場合は、これらのパラメータを手動で設定することをお勧めします。

シャッタースピード、絞り、およびISO感度の間にはトレードオフがあります。処理においては、画像は鮮明でノイズが最小限であるべきです。このような画像は、シーンが十分に照らされており(散乱した雲は避けるべきです)、カメラのパラメータが適切に調整されている場合に得られます。シーンが十分に照らされていない場合、画像はノイズが多く、鮮明さが低下し、結果の精度が低下します。

  • 経験則として、シャッタースピードは固定され、ISOはノイズの少ない画像を生成しない低い値に設定され、絞りはシーンの明るさの変化に対応するために自動で設定されるべきです。トレードオフが適切でない場合、過度に露出されたまたは過度に露出されない画像が得られる可能性があります。

    シャッタースピードは固定、かつ中速(目安としては、1/300秒から1/800秒の間)設定が推奨されますが、画像がぼやけることなく十分速くなければなりません。画像の5%以上が方向性のぼかしを受けている場合、シャッタースピードをわずかに高速化する必要がある良い指標となります。

    ISOはできるだけ低い値(最小100)に設定する必要があります。高いISO設定は一般的に画像にノイズを導入し、結果の品質を劇的に低下させます。

    絞りの最小値と最大値はレンズに依存します。高い絞りは、例えば f2.7(多くの光をキャプチャできる)低い数値に翻訳されます。シャッタースピードとISOの両方が調整されている場合は、絞り(f)を自動にしておく方が良いでしょう。

  • Pix4Dmapperのアルゴリズムに干渉する可能性があるため、電子および機械的な手ぶれ補正は無効にする必要があります。
  • 推奨されるフォーカスモードは「無限遠」です。このフォーカスモードを使用すると、空中プロジェクトに対しては常にピントの合った画像が得られます。地上のプロジェクトでは、フォーカス距離が長い場合、このモードはピントが合わない結果になる可能性があります。

処理に影響を与える、間違ったカメラパラメータや不適切な機器による画像の問題:


遅いシャッタースピードによるぼやけ
高ISO感度によるノイズ 過曝光または過少露光(間違った絞りおよび/またはシャッタースピード) 電子または機械式の画像手ブレ補正による歪み ローリングシャッターによる歪み。Pix4Dmapperはローリングシャッターをモデル化して、結果を改善します。詳しくはこちら:Menu Project > Image Properties Editor... > Selected Camera Model > Edit Camera Model. 
Index > Step 1. Before Starting a Project  Previous  |  Next 
この記事は役に立ちましたか?
74人中69人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。