バーチャル検査機能とは

バーチャル検査機能は3Dメッシュモデルからフル解像度でプロジェクト画像を解析するPix4Dクラウドのツールです。よく詳しく見るために対象の2Dエリアの強調表示、共有、エクスポートが可能です。検査結果は、クラウド上のプロジェクトや第三者向けの文書など柔軟に利用いただけます。

CLOUD_VIRTUAL_INSPECTION_VIDEO_MAS_ANIMATION_transparency.gif

この記事内で移動

バーチャル検査機能へのアクセス方法
バーチャル検査機能の使い方

 

バーチャル検査機能へのアクセス方法

 
情報:バーチャル検査機能は以下の条件で利用できます:
    • クラウド上で処理されたプロジェクト
    • プロジェクト画像が魚眼レンズカメラ(例:Bebop 2, GoPro)で取得されていないこと
    • 3Dテクスチャメッシュが生成されていること


1. Pix4Dクラウドにアクセルし、有効なPix4Dアカウントでログインします。
2. プロジェクトを選択します。
3. 画面左側のサイドバーにある3Dモデルを選択します。
4. 画面右側にある ic_inspect_black.png をクリックするとバーチャル検査機能が起動します。
5. 拡大したら方位を変えて3Dメッシュを操作して対処箇所を探します。
6. 3Dモデル上で対象(緑のクロス)をクリックします。検査開始前は別の対象をクリックして変更できます。

バーチャル検査機能の使い方

バーチャル検査では、距離や範囲などの注釈を作成、管理できます。

1. 右側のサイドバー、上部にある「Inspection」をクリックして名前を設定します。エンターキーを押すと保存します。
2. 検査する箇所を含む画像のリストをスクロールします。表示される順序は対象箇所の距離や画面上の位置によります。 ic_expand_black.pngをクリックすると画像が全画面で画像が確認でき、また下部に取得画像情報が表示されます。 
3. 検査機能は以下3つ:

ic_draw_box_black.png ボックス(注釈)を追加して、画像の特徴を強調表示します。 一度入力すると編集できませんので、必要に応じて削除、新しいものを描きます。 ボックス名をクリックするとその対象画像が表示されます。

ic_pin_black.png 検査に関連する画像をピン留めします。その他のイメージはグレー表示になり検査を保存した後はアクセスできなくなります。上記のボックスを含む画像は自動的にピン留めされます。

ic_export_black.png 画像の対象範囲、サイズを指定してデスクトップにエクスポートして保存します。角や範囲を動かして対象範囲を選択します。 より柔軟に調整する場合には、縦横比を解除してください。ボックスを含む画像は、自動的にボックス箇所に調整されます。準備ができたらエクスポートをクリックします。

 
ヒント:
    • 緑のクロスまたはボックスが小さく見える場合は、縦横比を維持して解像度を下げます。
    • リセットは対象範囲を元のフルサイズと解像度の画像に戻します。

4. Description(説明)を追加します。
5. 検査を入力データをして保存するをクリックします。または、画面右上ツールバーの上部にあるic_cursor_black.pngをクリックして、編集した検査を削除します。

保存された検査結果は、3Dモデル上に青いアイコンで表示されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています