画像取得プラン

 戻る  |  次へ 

 画像の取得計画は以下により決定されます。

  • 再構成される地形/オブジェクトの種類
  • 地上解像度(GSD):プロジェクト仕様で要求されるGSDは、画像を撮影する距離(飛行高度)により定義されます。 例えば5cmのGSDは、画像内の1つのピクセルが地面上で5cm(5×5 = 25平方センチメートル)を直線的に表すことを意味します。
  • オーバーラップ:オーバーラップは図化される地形のタイプにより、必要画像の割合を決定します。

※ 画像取得プランが悪いと、不正確な結果や処理の失敗につながり、画像の再取得が必要になります。下記のすべての飛行計画は、AndroidおよびiOSで取得可能な飛行計画アプリPix4Dcaptureで自動的に飛行することができます。

 

一般的なケース

ほとんどの場合、通常のグリッドパターンで画像を取得することをお勧めします。 推奨オーバーラップは、(飛行方向に対して)少なくとも75%の前面オーバーラップと、少なくとも60%のサイドオーバーラップ(飛行トラック間)です。 所望のGSDを確保するためには、地形/オブジェクト上で一定の高さで可能な限りカメラを維持する必要があります。

1.png

  

オーバーラップと飛行高度は、地形に応じて適応させる必要があります。

森林、密集した植生地帯、農地がある平らな地形では、オーバーラップを少なくとも85%、サイドラップを少なくとも70%増加させ、飛行高度を高くすることを推奨します。 熱画像を含むプロジェクトでは、少なくとも90%の正面・側面ラップが必要です。

 複数のフライトが有するプロジェクトでは、異なるフライトそれぞれに重複があり、条件(太陽の方向、気象条件、新しい建物など)が類似している必要があります。

 

建物形状の再現

 建物形状の再現のためには、円形飛行の計画を推奨します。

  • 最初は45°のカメラアングルで建物周りを飛行します。
  • さらに2回目と3回目を飛ばし、飛行高度を上げ各回でカメラの角度を下げていきます。
  • 被写体の大きさと距離に応じて、十分な重なりを確保するために、5°-10°ごとに1枚の画像を撮ることを推奨します。 短い距離や大きなオブジェクトでは、より多くの画像を撮影する必要があります。

    2.png

注:異なる高度で撮影することで異なるGSDとなるため、すべての飛行において飛行高度を2倍以上にしないことを推奨します。

 

都市の再現 - ファサード可視化

都市部の3D再現には、建物のすべてのファサード(北、西、南、東)が画像上に見えるように、ダブルグリッド画像取得計画が必要です。 オーバーラップは、上記のセクション一般的なケースと同じ飛行計画にする必要があります。ファサードが見えるようにするには、画像を10°-35°の角度で撮影する必要があります。

image5.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています