クラウド上での処理にGCPを使用する方法

 

グラウンドコントロールポイント(GCP)は、クラウド上での処理に使用できます。 ただし、あらかじめPix4Dデスクトップを使用してマークする必要があります。

 
重要:コンピュータで処理する、プロジェクトを開く、また、GCPが十分な場合には追加する必要はありません。


1. Pix4Dデスクトップでプロジェクトを開きます。
2. メニューバーのプロジェクト>GCP / MTP マネージャー...をクリックします。
3. GCP / MTP マネージャーの標準エディターをクリックします。
4. GCP/MTPエディター表から対象のGCPを選択します。

GCP1.jpg

5. 画像欄の並び替え:

sort_by_alphabet.png 名前順:アルファベット順で並び替えします。
sort_by_gcp.png GCPの距離順:GCPにより近い画像から表示されます。この並び替えはイメージとGCPが既知の座標系を使用して位置情報を持っている場合にのみ使用できます。これがデフォルトの並び替えモードです。
sort_by_image.png 対象画像までの距離順:イメージが選択され、GCPがマークされている場合、このオプションは現在選択されているイメージに近いイメージを表示します。この並べ替えは、画像がジオロケーションを持っている場合にのみ使用できます。

6. 画像欄で、GCPをマークする画像を選択します。 選択後、プレビューセクションにイメージが表示されます。
7. 次のように画像を操作します。

  • ズームイン:マウスのスクロールを前方に移動します。
  • ズームアウト:マウスのスクロールを広報に移動します。
  • パン:マウスの左クリックを押しながら移動します。
  • 画像内の特定のポイントをすばやくズームインします。マウスをポイントしてAltキーを押します。 キーが離されると、ビューは最後のズームレベルに戻ります。
  • ズームアウトしてゼロズームレベルをプレビューする:Shiftキーを押します。 キーが離されると、ビューは最後のズームレベルに戻ります。

8. ポイントをマークするには、画像を左クリックします。 必要に応じて trashbin.pngをクリックしてマークを削除します。

GCP2.jpg

9. 画像欄で、GCPをマークする次の画像を選択します。

注意:GCPはすべての画像にマークする必要はありません。 理想的には、3〜8枚の画像にGCPをマークします(最低2枚です)。

10.他のGCPについても、手順6.〜9.を繰り返します。
11. OKをクリックします。
12.メニューバーのプロジェクト>プロジェクトの保存をクリックします。
13. Pix4DデスクトップからPix4Dクラウドにプロジェクトをアップロードします。詳しくは:202558589.

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています