グラウンドコントロールポイント (GCP)

 戻る  |  次へ 

 この方法は、画像の位置座標とGCPがPix4Dmapperの座標系データベースから選択できる既知の座標系にある場合に使用されます。画像の位置座標とGCPの座標系は、必ずしも同じである必要はありません。 Pix4Dmapperは、2つの既知の座標系間の変換を行うことができます。

これは最も一般的なケースであり、ほぼ手作業なしで画像にGCPをマークすることができます。しかし、この方法は、ユーザーによる管理を必要としないすべてのステップが自動的に開始される処理には適していません。

 

概要

  1. フィールドまたは他の情報源からのGCP座標を取得します。
  2. GCP/MTPマネージャを使用してGCPを追加/インポートします(手動での配置は不要)。
  3. メニューバーの表示/処理をクリックします。処理バーがメインウィンドウの下部に表示されます。
  4. 「1.初期処理」のみを選択し、「2.点群およびメッシュ」を選択解除します。「3. DSM、オルソモザイクおよび指数」を選択解除します。
  5. 開始をクリックします。
    GCP1.jpg
  6. 初期処理が完了したら、rayCloudのGCPをマークします。左側のサイドバーのレイヤーセクションで、タイポイントをクリックし、GCP / MTPをクリックします。 GCPのリストが表示されます。 GCP / MTPレイヤーでGCPを選択します。右側のサイドバーには、そのプロパティと、表示される画像のリストが表示されます。マウスの左クリックを使用して、少なくとも2つの画像にGCPの正確な位置をマークします。緑色の十字が大部分の画像の正しい位置にくると、適用をクリックします。
  7. 処理> 再最適化をクリックします。
  8. (オプション)処理> 品質レポートを作成をクリックして、品質レポートを再生成します。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています